ReASIA Nongkrong#8 「まとわりつくインドネシア・ポピュラー音楽」

ReASIA Nongkrong#8 「まとわりつくインドネシア・ポピュラー音楽」

ReASIA Nongkrong#8 まとわりつくインドネシア・ポピュラー音楽

感想(随時追加中)

インドネシアの音楽は、正直知らないことばかりだった。けれど、金さんの著作「越境する<発火点>」が面白く、彼をここまで熱くさせるインドネシアの音楽家ハリー・ルスリの音楽とは一体どんなものなのだろう?と興味がわき、音源を聴いてみることにした。そして、「雷が落ちた」かはわからないけど、特に冒頭、確かに「めっちゃカッコ良い。。!」と気持ちが上がった。自分は今まで、人生を変えるほどの音楽に出会ったことがあるだろうか?金さんの「好き」から発してインドネシア音楽の研究にかけるその熱量を、羨ましく思った。
「なぜ他の地域の研究をするのか。それは私にとって「人」である。・・その「人」が面白いと思えば、その音楽や地域を知りたいと思うかもしれない。」という金さんのあとがきにある言葉に共感する。台湾で染色を研究する自分にとっても、やはり人というのはすごく大きな要素だ。当日はまた参加者の方々も熱い方々ばかりで、普段聞けない話が大変面白かったです。最近台湾のインディーズの音楽が良いな〜思って色々聴いているけど、そういう音楽の背景にはどういう文脈があるのだろ?と気になり出したり。 金さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!   山中彩

話し手金さんからのステートメント

誰がインドネシアの音楽について(なんて)知りたいと思うのだろうか。
 
そんな卑屈な感情を日々抱きながら、インドネシアの音楽について研究し始めて、早や6年が経つ。
  
インドネシアではJKT48(AKB48のジャカルタ版的なやつ)やK-POPが流行ったり、
 
最近では日本の「シティポップ」なんてのも若者の間では人気がある(らしい)。
 
だが、そうはいっても、日本で生まれ育った私たちには、インドネシアのミュージシャンの名前を挙げることはほとんど不可能だ。洋楽なら一つや二つ、有名歌手を挙げられるのに。
 
ということでこの「ノンクロン」では、インドネシアの若者たちが愛好するインドネシア・ポピュラー音楽についてあれこれ紹介してみたい。
  
というありきたりな前ブリから、もう一歩前へ。
 
  
こうは言ったもののその音楽ジャンルは果てしなく多様であり、「インドネシア音楽についてあれこれ紹介」など土台無理。今回は、わたしたちに最も身近なJ-POPのように、インドネシアの若者たち、とくに「ヒップな」若者たちが好むインドネシア・ポップについて紹介したい。
 
私たちはある曲を「かっこいい」と思って好き好んで聴くこともあれば、某楽曲のことを「ダサい」と思って毛嫌いしたりする。
 
 
インドネシアだって同じだ。
 
だがここで私たちがインドネシアの音楽について「かっこいい/ダサい」を判断する必要はない。重要なのは、現地のかれらがどう思い、そしてなぜそう思うかだ。
 
 
 
それが、(手垢にまみれた)「異文化理解」である。

話してのプロフィール


金 悠進(きむ ゆじん)Yujin Kim
1990年大阪生まれ。同志社大学法学部を卒業し、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程に進学・修了。博士論文を書き、博士号(地域研究)を取得する。
現在、国立民族学博物館の機関研究員に所属。
計1年半ぐらいインドネシアで調査をし、音楽を始めとするポピュラーカルチャーや政治、社会について研究している。

金 悠進 (Yujin Kim) - マイポータル - researchmap
researchmap is an information sharing platform for the researchers. researchmap is provided by Japan Science and Technology Agency.

Zoomリンクはこちらから

トピック: ReASIA nongkrong#8
時間: 2021年2月27日 02:00 PM 大阪、札幌、東京

Zoomミーティングに参加する
https://us02web.zoom.us/j/84395693052?pwd=V05maGdJSFZQTTFyZHdYbldZdDExZz09

ミーティングID: 843 9569 3052
パスコード: 982355

NONGKRONG(ノンクロン)とは?

ノンクロンはインドネシア語ですが、一言で英訳、和訳ができない言葉です。
友達や近所の人と、屋台やカフェ、家のテラスや集会所でなんとなく集まっているうちに、新しい人に出会ったり、誰かが面白いことを教えてくれたり、ひょんなアイディアで盛り上がったり、それが仕事になっちゃったり。そんな自然な人と人との交流のことをNONGKRONGと呼びます。 私達も、偶然の出会いを大切にしながら、色々な話をしよう と、この集まりをはじめることにしました。

前回までのイベントの様子はこちらから。

-
Reasia

ReASIAはグローバルな時代にアジアで生きる私達が、どう世界を理解し、何を創造すべきなのか、それらを共に考え、歩んでいく場所を作り出すことをミッションとする任意団体です。

FOLLOW FOLLOW FOLLOW
JAPANESE Nongkrong
SHARE SHARE SHARE
FOLLOW FOLLOW FOLLOW
タイトルとURLをコピーしました